リュクサンブール公園・美術館

サン=ジェルマン=デ=プレ地区にあるマリー・ド・メディシスによって作られた元老院の庭園は建築・植物学の富を象徴しています。 

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 45 44 50 00 国内電話料金
l'hôtel des saints pères le jardin du luxembourg

ホテル デ・サン・ペールから徒歩10分、リュクサンブール公園は「リュコ」のあだ名でパリジャンに親しまれ、元老院(上院)またはリュクサンブール美術館のような有名な建造物で溢れています。 

 

公園の歴史

 夫アンリ4世の暗殺後、マリー・ド・メディシス王妃は静寂と平穏を求めてルーブル宮から逃げ出すことを望んでいました。彼女の高くつく願いは彼女の故郷のイタリアを思い起こすボーボリ庭園のような庭園のある宮殿を建設することでした。1612年マリーは公園の名前ともなるフランソワ・ド・リュクサンブールの館を購入します。この時代の庭園は表面積が狭いものでしたがすぐに拡張工事が行われました。予定された整備は今日の公園の眺めとほぼ同じのオスマン男爵指揮下の工事でした。現在公園の敷地は25ヘクタールにまで及びます。リュクサンブール公園は片側はフランス式庭園、もう片方はイギリス式庭園という異なった様式を持ち合わせた唯一の公園です。公園外部、公園の柵の上には歩行者の目を喜ばせる特別なテーマに沿った写真が定期的に展示されています。 

 

植物そして建築の遺跡

公園の中にはいくつもの建物が点在しています。主要な建物のリュクサンブール宮殿は上院議会です。リュクサンブール美術館は上院が宮殿に上がるようになった時に作られた歴史初の近代美術館でした。2010年より美術館の経営は「ヨーロッパのルネッサンス」と「芸術と権力」そして「宮殿そして庭園と美術館」をテーマにした展覧会を促進させるため国立美術館協会に帰しました。また200年以上前の名高いダイダイの木など180種もの植物を有するオレンジ温室を公園の中心に見つけることもできます。公園内には小さな自由の女神像、フランス王妃たちの像をはじめベートーベン、ショパン、ボードレールなどの像106体の彫刻が設置されています。メディシスの泉はリュクサンブール庭園の重要な装飾芸術の一つです。「リュクサンブールの洞窟」と創設者マリー・ド・メディシスから名付けられた泉は名声をなしています。ダヴィウ邸では園芸の授業を開いて植物学に敬意を称しています。お一人、カップル、ご家族連れでホテル・デ・サン・ペールから公園に訪れれば、数多くのアクティビティーの中からそれぞれお好きなものが見つかるはずです。

スタッフのイチオシ

エルメス
有名な「馬具製造・販売」ブランドの美しいブティック。多くのスタイルを持ち合わせた旧プールを修復した建物が特徴です。この場所の為だけにも訪れる価値ありです。
17 Rue de Sèvres, 75006 Paris
ウェブサイトを御覧ください
ディプティック
黒のロゴが入った白の紙袋に入れてもらえる洗練された香りのキャンドルや香水のショップです。とってもサン=ジェルマン=デ=プレらしいショップです!
34, boulevard Saint-Germain – 75005 PARIS
ウェブサイトを御覧ください