サン=ジェルマン=デ=プレ地区

.セーヌ河、サンミッシェル大通りとホテル デ・サン・ペールの間、6区の中心に位置したサン=ジェルマン=デ=プレ地区。今日も立ち並ぶカフェやブティック、アートギャラリーと共にサン=ジェルマンのエスプリを保ち続けています。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 45 44 50 00 国内電話料金
l'hôtel des saints pères le quartier

世界中のアーティストの最も大きな住処とされているジャン=ジェルマン地区は。この地区に活気を与えるのに一役買った哲学者、音楽家、役者同様画家たちも温かい歓迎を受けました。
 

芸術と演劇の主要拠点地

演劇と芸術の重要な拠点地であるこの地区の歴史は543年クロヴィスの息子キルデベルトがゲルマン人司教の助言のもと大修道院の建設を開始した時から始まりました。教会は司教の死去に伴い彼の何に再命名されました。サン=ジェルマン=デ=プレ地区はこの建造物を中心として急激に発展しますが、フランス革命の際に火災で消失してしまいます。17世紀にはすでに周辺の多数のカフェに集った多くの芸術家を惹き寄せました。ランシエンンヌ・コメディ通りにある現在はレストランのカフェ・ル・プロコープの館はコメディ・フランセーズの役者達、続いてヴォルテールルソーのたまり場でした。サン=ジェルマン=デ=プレ地区がラシーヌ、バルザック、ジョルジュ・サンドの作家たちやドラクロワ、マネなどの画家そして役者たちの出会いの場になったのは正に19世紀のことでした。

そして20世紀の半ばにはレ・ドゥ・マゴ、レ・フロール、ラ・ブラッスリーリップなどの文学カフェサン=ジェルマン=デ=プレに登場します。アポリネール、アラゴン、アンドレ・ブルトン、シモーヌ・ド・ボーヴォワール、ジャン=ポール・サルトルなどがこれらの「機関」に赴くのを好んだのです。 

 

賑わいのある地区 

この地区の暮らしはオデオン座によってで活気づきます。ピカソやマン・レイもレオ・フェレ、ジョルジュ・ブラッサン、ジャック・ブレル、シャルル・トレネ、シャルル・アズナブール、セルジュ・ゲンズブール、ジュリエット・グレコなどの作詞作曲家同様この界隈に住居を構えました。ジャズはこの地の生き字引でもあります。マイルス・デービスもこの地区に居を構え製作に励みました。今日サン=ジェルマン地区は賑やかで芸術的な歴史を維持しながらもディオール、ロレックス、ヘルメスのような有名ブランドを続々と惹きつけています。ホテル デ・サン・ペールは美しいショーウィンドーにうっとりしながら昔良き時代のサン=ジェルマン=デ=プレのエスプリを感じ取るのに理想的な出発ポイントです。

スタッフのイチオシ

ラ・ブラッスリー・リップ
サン=ジェルマン=デ=プレ界隈では見逃すことのできない場所のひとつ。政治関係者の出入りで有名になった店。内装は歴史建造物として登録されています。
151, boulevard Saint Germain – 75006 PARIS
オー・プレ – シリル・リニャック
シリル・リニャックによって作られたフランスの素晴らしい地方特産品に敬意を表したシックなビストロ。
27 rue du Dragon – 75006 Paris
ウェブサイトを御覧ください